【スイカ】美味しい甘いスイカの見分け方とは?見分けるための6つの重要ポイントをご紹介

食品

夏の定番の果物『スイカ』が美味しい季節になってきましたね。

どうせ食べるなら、美味しいスイカを食べたいと思うのが当たり前ですが、美味しいスイカを見た目などで見定めるのは簡単ではありません。

また、切られた状態で売られているスイカの場合は、 見た目だけで判断しかなく美味しく良質なスイカを選ぶのが面倒になってしまう人も多いと思います。

そこで今回は美味しいスイカの見分け方をいくつか紹介させていただきます。

美味しいスイカを見分けるための6つの重要ポイントとは

店頭に並べられているスイカを直接触って確かめるのに抵抗がある方には、目視で判断ができる方法を紹介させていただきます。

縞模様をチェックする

スイカの縞模様は美味しさを見分ける最大のポイントです。

黒の縞模様と緑の部分のコントラストがはっきりしているのが元気に育った甘くて美味しいスイカだということが伝わってきます。

また、縞模様と緑の部分に凹凸があるのも美味しいスイカのサインとされています。

つるの部分をチェックする

スイカのつるの部分が綺麗な緑だと新鮮なスイカだとされています。

付け根周りが凹んでいるものは、まだ未熟なスイカという印なので盛り上がっているスイカを選ぶようしましょう。

大きさで選ぶ

大きいものを選ぶと大味なのかなと思われる方も多いと思いますが、スイカに関してだけは例外です。

実に単純ですが、大きなスイカは栄養がたっぷりの証拠になるらしいです。

へその部分をチェックする

スイカの底の部分のへそ部分をチェックしてみてください。

へその部分が大いと食べごろサインで、逆に小さければ食べごろまでもう少し日数を要するというサインになります。

重さで判断する

ずしりとした重みがあるスイカはとても美味しい証拠です。

音や見た目で判断ができない場合は、持ちくらべて重さを比較してみてください。

しかし人目もあるのでやりすぎには十分注意してくださいね。

音で美味しいスイカを判断するのは難しい

美味しいスイカか見分ける方法として一般的に知られているのが、音で聞き分ける方法です。

なかなか判断が難しいところもありますが、“ボンボンッ”とずしりと重く響く音がしたら、食べ頃サインといえます。

一方で“ポンポンッ”と高くて軽い音がするスイカは、まだ完全に熟していない未熟な状態と言うことになります。

なお、“ボタボタッ”と鈍い音がする場合は熟しすぎてしまっている傾向があります。

しかし、店頭に並べられているスイカを叩くのは、 そのお店の商品に対する迷惑行為になる可能性がありますので、十分お店に配慮した上で美味しいスイカを選ぶようにしましょう。

切って売られているスイカを見分ける方法は?

スイカの大玉を一個買うのは中々難しいという方には、半身に切って売られているスイカがおすすめです。

冷蔵庫にも簡単に収納できるので、一人暮らしの方や主婦の方にはありがたいサイズのスイカだと思います。

しかし皮の部分も少なくなっている、半身に切られているスイカを見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?

それは意外と簡単で、果肉と種の色をチェックしてみてください。

濃い赤色をした果肉で、種も黒味の強いものを選んで選ぶようにすると美味しくて甘いスイカに出会えるでしょう。

さらに、 果肉の部分が締まりのあるものを選ぶのもおすすめです。

まとめ

美味しいスイカを見分ける方法をいくつか紹介させていただきました。

美味しいスイカをご自身にあった方法で是非見つけてくださいね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました