西矢椛選手の金メダル獲得に海外の反応は?まさにミライモンスター!?

イベント

わずか13歳で金メダル獲得という偉業を成し遂げてしまったスケートボード女子の西矢椛選手。

今回の東京オリンピックで初めて採用されたオリンピック種目の初代金メダリストであり、日本人としては史上最年少の金メダリスト初の21世紀生まれの金メダリストについて海外ではどんな反応があったのでしょうか?

きっと海外にも衝撃を与えたのではないないでしょうか?

そこで今回は、あどけない13歳の少女の大活躍に海外はどんな反応を示したのかと日本の反応も合わせて紹介 させていただきます。

西矢椛選手の金メダル獲得に海外の反応は?

元々世界ランキング上位にランクしていた西矢椛選手ですが、13歳での金メダル獲得はバルセロナオリンピック(1992年)の水泳平泳ぎで出場した岩崎恭子さんが持つ14歳で金メダル獲得という最年少記録を更新して、日本オリンピック史上最年少金メダリストになりました。

日本の反応はもちろんですが、海外の反応はどのようなものだったのでしょうか?

《要約》
13歳の西矢もみじは、女子スケートボードで初のオリンピックチャンピオンになり、歴史を築きあげました。

《要約》
これは、驚くべき成果です。

オリンピック金メダルでまた13歳の可能性を再定義します。

素晴らしい!

《要約》
世界の女の子全てに、13歳のこれらの2人の女の子に触発されます。

《要約》
とても素晴らしい!

わずか13歳の彼女は、日本中の人々に多くの希望を与えました。

以上のように13歳の少女が達成した偉業に対して海外でも賞賛されているようです。

若干13歳の少女の可能性に世界中の人々がとてつもなく興奮したということですね。

西矢椛選手の金メダル獲得に日本の反応は?

もちろんのことわが国でも日本オリンピック史上最年少金メダリストになった西矢椛選手を賞賛する声がたくさんあります。

勇気をもらったという同年代の少年少女の声が数多く見られましたし、 オリンピックのスケートボード競技で男女ともに日本人が初代チャンピオンになったことを誇りに思っている様子が感じられます。

西矢椛選手がオリンピックで着用していたシューズはコチラ

まとめ

今回は、日本オリンピック史上最年少金メダリスト西矢椛選手の偉業に対しての海外と日本の反応について紹介させていただきました。

もし次のパリオリンピックでもスケートボード種目があれば、この時はまだ17歳なので再び出場してオリンピック連覇なんて可能性も十分ありそうですね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました