くら寿司 恵方巻2022の予約期間は?カロリーや口コミもご紹介

イベント

一年が過ぎるのは早いもので、あっという間にもうすぐお正月ですね。

お正月が過ぎると、すぐやってくるのが節分です。

節分というと、一昔前まではマイナーイベントでしたが、関西の『恵方巻き』文化が全国的に認知されてから、今ではすっかりメジャーイベントになりました。

そこで今回は、くら寿司恵方巻2022の予約できる期間やカロリー、口コミなどを紹介させていただきます。

くら寿司の恵方巻2022が予約できる期間は?

2021年12月現在、くら寿司からの公式発表はまだされていないので2021年の情報を参考にさせていただくと2021年は1月4日~2月2日までが予約期間でした。

恵方巻の予約開始日が、正月三が日が終わったらすぐだという事に驚いている方も多いと思いますが、これを加味させていただくと、くら寿司の恵方巻2022の予約期間も1月4日~2月2日あたりだと思われます。

くら寿司の恵方巻2022のお値段やカロリーは?

くら寿司の恵方巻のお値段やカロリーが気になるところですよね?

2021年の恵方巻は?

七福巻:248円
(うなぎ・エビ・卵・みつば・しいたけ煮・おぼろ・かんぴょうの入った豪華恵方巻)

豪華かに太巻:378円
(蟹のほぐし身・卵・きゅうりの入ったシンプル恵方巻)

まるごといわし巻:350円
(いわしの塩焼きがはみ出るくらい入ったインパクト抜群の恵方巻)

アマビエさん巻:378円
(アマビエさんのイラスト付きフィルムで包まれ、甘エビ・エビマヨ・卵・きゅうりの入った恵方巻)

えびマヨ巻:248円

小巻セット:350円

たまご巻:248円

まるかぶり細巻きゅうり:108円

まるかぶり細巻鉄火:108円

まるかぶり細巻納豆:108円

お子様には「アマビエさん巻」が人気になりそうですね。

くら寿司の恵方巻2022のカロリーは?

くら寿司のカロリーはどれくらいなのでしょうか。

くら寿司からは公式に発表されていませんが、10㎝くらいのハーフサイズだと一般的に250~300kcal程度だと思われます。

それと、 中身の具によっても大きく変わります。

くら寿司の去年のラインナップの場合は、アマビエさん巻や七福巻は比較的カロリーが高いかもしれないので、小食の方や減量中の方はハーフサイズや比較的カロリーが低い海鮮中心の恵方巻がおすすめです。

くら寿司の恵方巻2022は予約なしでの購入できる?

うっかりくら寿司の恵方巻きの予約を忘れしまった場合、 もういつでも恵方巻を購入できるのでしょうか。

2021年の予約期間を見る限り、節分当日の2月3日まで予約を受け付けているので購入できる可能性はあると思いますが、お目当ての恵方巻きが購入できるとは限りません。

人気が高い恵方巻きは、早々と予約受付が終了してしまう可能性もありえるので、予約受付の締め切り前に余裕をもって予約しておくことが最も安全です。

くら寿司の恵方巻2022の口コミ評判は?

日頃からリーズナブルでとても美味しいと評判のくら寿司なので、恵方巻も期待できる美味しさだと思います。

そこで、実際に召しあがった方の口コミを紹介します。


これは見た目がなかなかのインパクトですね。

美味しいのは間違いないと思いますが、 食べる時はちょっと勇気が必要かもしれません。


この方のおっしゃる通り、くら寿司の恵方巻はリーズナブルですね。

その上、種類も豊富なので迷ってしまうのではないでしょうか。

まとめ

今回は、くら寿司の恵方巻2022の予約できる期間やカロリー、口コミなどを紹介させていただきました。

節分はお正月が終わってからの初イベントなので、どうせなら美味しい恵方巻きを食べて1年の幸運をお願いしたいところですよね。

ちなみに2022年の恵方は「北北西」なので忘れずに!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました