自身の『体臭』が気になる人必見!改善できる食材を紹介します。

イベント

私たち日本人は昔から体臭がほとんどないと言われています。
しかし、以前と比較すると油の多い肉類や乳製品を食すことが増加、つまり食生活の欧米化が進んだことよって体臭が強くなっている傾向にあるようです。
ここ最近はいい香りの柔軟剤やデオドラントスプレーなどの手軽に購入できる体臭ケア商品が数多く販売されています。こうしたアイテムで体臭対策をすることはエチケットとして良いことだとは思いますが、今回は体臭予防に効果的な食材を紹介します。




汗と雑菌が臭い源、食品で汗を抑えて

頭から足のつま先まで全身から発生する臭いの総称を体臭と言います。 発生源は皮膚の汗腺、皮脂腺、ワキガの3種類。 ワキガは特に女性に多く、わきの下のアポクリン腺の分泌の増加と皮膚の細胞によって悪臭になります。体臭はムダ毛を剃って石鹸でよく洗う、下着を取り替えるなどを常に体を清潔に保つことで、ある程度は抑えられます。

ショウガ

ショウガは肉や魚の臭みを消す薬味としてよく用いられますが、体臭の発生を押さえる働きもします。 また、ショウガオールやジンゲロンには優れた殺菌力があり、皮膚の雑菌の増殖を防ぐことができます。

米酢

その主成分のクエン酸には殺菌力がある上、皮脂の表面を酸性に保つため、雑菌の繁殖を抑制します。 汗腺を引き締める効果もあり、風呂に少量入れればアポクリン腺から分泌する汗そのものの量を抑えます。

レモン

レモンには殺菌作用の他に強い消臭・芳香作用があり、皮脂の酸化を防ぐ働きもするので、外出時の一時的なにおい止めに効果的です。 体臭の強い人は わき、頭、顔、胸など皮脂の多い部分につけるとよいでしょう。

大豆

大豆のイソフラボンが女性ホルモンを増加させ、発汗抑制の働きをするので、 汗はかきにくくなります。また、大豆サポニンは抗酸化作用があり、においの元である体の酸化を防ぎにおいが発生しにくい体にします。

上でご紹介した素材をふんだんに活かした簡単で美味しいオリジナルレシピと体臭予防法

【きな粉のミルク寒天】
《材料》
豆乳…400g
きな粉…50g
黒糖…30g
粉寒天…4g

作り方
1.鍋にきな粉、黒糖、粉寒天を入れて泡立て器でよく混ぜます。
2.豆乳を加えて、火にかけ、沸騰したらすぐに止めます。
3.容器に入れて粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。
※きな粉や黒蜜をかけてどうぞ。

【ショウガのホットタオル】
《材料》
ショウガ…1個
水…500ml
タオル

作り方
1.ショウガは薄く切ります。
2.ショウガを水に入れて半量になるまで弱火で煎じます。
3.温かいうちにタオルを浸してしぼり、においの患部にあてます。
※ショウガに含まれる辛味成分は、においを消す強力な殺菌作用を持っています。
※かぶれやすい人は必ずパッチテストをしてから行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました