銀のさら 恵方巻き2022の予約期間は?お値段や口コミについても

イベント

2月のイベントといえば節分

節分といえば恵方巻きですが、皆さんは恵方巻きをどこで購入していますか?

コンビニやスーパーでもお手軽に購入できますが、やはりお寿司屋さんの恵方巻の方がおいしいですよね。

そこで今回は、宅配寿司でおなじみの銀のさら恵方巻き2022の予約できる期間やお値段、口コミ評判についても紹介させていただきます。

銀のさら恵方巻2022の予約期間は?

銀のさらの恵方巻は宅配してもらえるのでとても便利なので、確実に恵方巻きを購入するために、やはり予約しておきたいところですよね。

ですが、まだ公式からの情報が発表されていないので2021年の情報を参考に予想したいと思います。

2021年銀のさらでは予約というシステムは活用せず、1月15日~2月3日までと割と長い間販売されていたようです。

予約が出来ないなんて意外な事実かもしれませんが、もしかしたら店舗によっては予約を受け付けている可能性もあるので最寄りの店舗に確認してみるのも いいかもしれません。

それを踏まえて2022年を予想すると1月中旬~2月3日までの販売期間となると思われます。

銀のさら恵方巻2022のお値段やラインナップなど

銀のさらの恵方巻きの購入を考えた時に一番気になるのはどんなラインナップの恵方巻きが販売されているかですよね。

2021年の銀のさらでは、 このような恵方巻きが販売されていました。

-恵方巻(上巻):940円
(海老・煮あなご・高野豆腐・卵・かんぴょう・煮しいたけ・きゅうりを使った最もスタンダードな恵方巻です。)

-恵方巻(海鮮特上巻):1400円
(まぐろ・はまち・サーモン・真いか・海老・煮あなご・きゅうり・卵・大葉とたくさんの豪華な海鮮が詰まった恵方巻です。)

-節分巻:500円
(かんぴょう・煮しいたけ・卵・きゅうりが入ったシンプルな恵方巻です。)

-恵方巻(ハーフ):490円
(中には真イカ・サーモン・卵・きゅうり・ネギトロ・ネギ・かんぴょうが入っています。)

どれもスタンダードで、とても美味しそうな恵方巻ですね。

銀のさら恵方巻2022の大きさは?

恵方巻き一本をこれで一気に食べきらなくてはいけないですが 銀のさら恵方巻2022の大きさも気になりますよね。

2021年の情報では、 大きさについては明記されていませんでしたが普通の普通の恵方巻(10㎝前後)よりちょっと大きめのようなので、12~15㎝くらいではないかと思われます。

これは女性の方や小さなお子様が食べきるのは難しいサイズかもしれないので、 女性の方や小さなお子様でも無理なく食べられるハーフサイズがおすすめです。

銀のさら恵方巻2022の口コミは?

最近では様々なお店で数多くの恵方巻きが販売されているので、どこの恵方巻を購入すべきか悩んでしまいますよね。

そういう時に参考になるのが口コミの情報です。


こちらは恵方巻(海鮮特上巻)でしょうか。

ぎっしりと詰まっていて十分な食べ応えがありそうなので、 成人男性でもお腹いっぱいになるのではないでしょうか。


多分店舗によりけりだとは思いますが、 恵方巻きの店舗販売している所もあるようですね。

もしかしたら皆さんのご自宅周辺の銀のさらも店頭販売しているかもしれませんので、 一度確認してみるのもいいかもしれませんね。


銀のさらの店舗によっては公式Twitterで 情報発信をするみたいですね。

しかも一人で食べきるのに自信がない方には嬉しい恵方巻きのカットサービスも!

まとめ

今回は、宅配寿司でおなじみの銀のさら恵方巻き2022の予約できる期間やお値段、口コミ評判についても紹介させていただきました。

銀のさら恵方巻はどれもシンプルですが、とても美味しそうでしたね。

美味しい恵方巻きを食べて、2022年は皆様に福が訪れますように。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました