小林陵侑【北京オリンピック】の年収が衝撃!レッドブル以外のスポンサーは?

イベント

北京オリンピックスキージャンプ男子ノーマルヒルで金メダルを獲得した小林陵侑選手のスポンサーの数がエグいです。

2018~2019年のワールドカップでは日本人として初の総合優勝の大偉業を成し遂げて注目を集めていました。

そのおかげでたくさんのスポンサーが小林陵侑選手に付いているようなんです。

レッドブルのキャップはよくかぶっているのをよく目にするので、 スポンサーだということは一目瞭然なのですが、他にどんなスポンサーが小林陵侑選手を支援しているのか気になりますよね?

そこで今回は、小林陵侑選手を応援してくれているスポンサーの数と、そこから推定される年収を調査してみました。

小林陵侑選手を応援しているスポンサーの数がエグい!

小林陵侑選手が所属している『土屋ホーム』はもちろんスポンサーですし、レッドブルのキャップをよくかぶっているので、おそらくレッドブルもスポンサーのひとつだと思われます。

なお、スポンサーはその2社だけではなく、その数は10社は楽に超えています。

では、2021年11月時点の小林陵侑選手のスポンサーと思われる企業をピックアップしてみました。

【土屋ホーム(所属)】
【レッドブル】
【スバル】
【ANA】
【BWT】
【エイブル】
【バスクリン】
【ブリジストン】
【エネオス】
【KOSE】

上記の企業のワッペンがウェアやスキー板に 貼られていたので、スポンサーなのは確実だと思われます。

さらに、過去画像では

【ミズノ】
【VISA】

【ニコン】
【興和(バンテリンの会社)】
【999.9(フォーナイン:眼鏡の会社)】

の企業名がウェアなどにあったことから、過去にスポンサーだったのかもしれませんし、今もスポンサーなのかもしれません。

今回の北京オリンピックの活躍でさらに小林陵侑選手を応援するスポンサーが増えそうですね。

小林陵侑選手の年収は?

仮に前述した10企業がスポンサーだとしたら、競技の賞金と合計した年収はいくらぐらいになるのでしょう。

まずは土屋ホームに所属しているので、当然そこからのお給料が支払われていると思われます。

土屋ホームの初任給は約20万円ちょっとなので、今年(2022年)で25歳になる小林陵侑選手はもう少し多くは貰っているとは思いますから、 大まかに見積もって400万くらいではないかと思います。

そして、2021~2022年の今シーズンの獲得賞金はおよそ2700万円で北京オリンピックやワールドカップで結果を残せば2800万円くらいの見込みで、それに加え総合優勝ボーナスが約1250万円と臨時収入もあり、これだけで既に4450万円です。

土屋ホーム⇒400万円
賞金⇒2,800万円+ボーナス1,250万円
スポンサーとの契約金⇒+α
CMなどの出演料⇒+α

スポンサーとの契約金を考えると今シーズンは優に5000万円は超えると思います。

ただしスキージャンプはテニスやゴルフと比較すると賞金額が少ないので、 結果を出しても楽々億越えというわけにはいかないようです。

ちなみにスキージャンプ女子の高梨沙羅選手は年収1億円を超える稼ぎ頭といわれています。

やはり結果を出すことはもちろんですが、スポンサー契約数やCMなどの+αがどのくらいなのかも年収アップの要因になるのではないかと思います。

小林陵侑選手はヨーロッパでも人気が高く、今回の活躍でさらにたくさんのスポンサーと契約することができるかもしれないので 、高梨沙羅選手を超える年収が期待できるでしょう。

まとめ

今回は、小林陵侑選手を応援してくれているスポンサーの数と、そこから推定される年収を調査してみました。

小林陵侑選手はイケメンで今回の北京オリンピックで活躍したことにより日本でも女性ファンが急増し、そうなると契約してくれるスポンサーの数も増えることが予想されるので、今後がたのしみですね。。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました