お家で簡単にできる防寒対策をご紹介。お部屋にいても今年の冬は特に寒さがつらいという方へ

生活

この寒さをどうにかしたい、でも暖房費は節約したい。

ついに冬本番になり寒さが止まりません。
今年は例年以上に寒く、コロナの影響もあり家にいる時間も尚更増えていると思います。
お部屋の防寒対策は寒さが厳しくなればなるほどでも重要になってきます。
特に年配の方でしたらヒートショックなどの危険もありますので、常に室内は快適な温度を保ちたいものですよね。ですが、暖房だけでは足元が寝てしまったり、何と言っても 電気代などの暖房費の心配もあります。
室内の寒さ対策はQOL(生活の質)の向上、健康を維持するために必要なことですが、できることならコストはかけたくないものです。

今回はマンションや実家などの自宅で簡単にできる、暖房費の 節約もできてエコな防寒対策をいくつか紹介します。

室内を暖かく快適に保つ3つの方法とは

その1・カーテンは厚手にする
建物内の熱の70%は、窓から逃げてしまうと考えられているので窓の対策はお家の防寒対策には欠かせません。温まった空気が窓から逃げないように、そして窓から冷たい外気が侵入しないようにカーテンを厚手にすると、これこそまさに窓際対策になります。
また、生地が厚手のカーテンは冬らしい見た目で暖かく心地よいイメージを与えるでしょう。

その2・湿度をあげる
室内の湿度を上げると体感温度も上がると考えられています。なので、暑い夏の時期には除湿、そして寒い冬の時期には加湿をすることで温度と湿度のバランスを保ち、快適な室温と感じやすくなります。世間一般的に湿度を上げるには加湿器を使用するのが簡単な方法ですが、結露のリスクもあるので加湿のしすぎには十分注意しましょう。湿度を上げるには加湿器を使用するのが一般的ですが、加湿のしすぎは結露のリスクもあります。

その3・隙間テープを貼る
室内を暖かく快適に保つために、隙間テープをサッシに貼り隙間を埋める方法があります。 これは室内の熱が窓から逃げるのを防ぐのに効果的です。

※今後、高気密高断熱の住宅は、住宅の気密性能・窓の住宅性能が共に高い住宅であり、隙間テープは不要なくらいの優れた性能が保たれていなければなりません

家づくりの段階で防寒対策はすでに始まっています

いくつかの防寒対策を紹介してきましたが、上記で最新の一般住宅では隙間テープは不要だと説明したように、最新の住宅では建物そのものにすでに防寒対策が施工されているのです。
建物そのものがまるで魔法瓶のように暖かい空気を外に逃さない仕様になっている高気密断熱住宅は、あとで対策するよりも室内の温度をしっかり維持することができます。
高気密高断熱住宅では、冬の寒さ対策だけではなく夏の暑さ対策にも優れているので、冷暖房効率を高めるため光熱費の節約にも効果的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました