もしも水道凍結したら!?有効的な解凍方法とやってはいけない意外な解凍方法とは

生活

冬本番になり水道凍結が心配な時期になりました。そこで今回は水道凍結した時の有効的な解凍方法とにやってはいけない意外な解凍方法を紹介します。

毎朝起床してすぐに水道水で歯を磨き顔を洗うという人も多いと思います。日常生活で私たちに欠かすことができない社会的基盤の一つが『水道』です。
普段当たり前のように使用している水道も、 -4度以下になると 、蛇口や水道管が損傷・破裂する現象が起こりやすくなると考えられています。 ある朝起きてみると水道が凍結していたなんてことになったら、どのような対処をしたら良いのでしょうか?
そんなわけで今回は水道凍結時の注意点や対処法について説明していきます。 冷え込みが一層厳しくなり、水道凍結のリスクが高まるこの時期 、是非参考にしてください。

水道凍結時の基本的な対処法とは?

もしも水道凍結させてしまった時、誰にでもできる簡単な対処法はどのようなものがあると思いますか?
実際は『自然解凍』を待つという方法が水道凍結時の最も安全な対処法です。 「正午ぐらいまで水道が使えなくても特に問題はない!」というくらい余裕があるのであれば、単純に氷が溶けるのを待つのがベストな方法です。暖房をかけて室内を暖めたり、日がのぼり気温が上昇することによって、冷え込んだ夜間に凍結してしまった水道管も自然に元通りになるはずです。

このような『自然解凍』は、氷の溶け方が緩やかなため凍結した水道管や蛇口への 負担が少ないというのが実際のところなのです。

水道凍結時の やってはいけない意外なNG行為とそれに伴うリスクとは?

ここでは水道凍結時の対処法として、 意外と知られていなく誰もがやりがちなNGな対処法と危険性について説明します。

やってはいけない水道凍結時の対処法

その1.焦るあまり、凍結した部分に熱湯をかける
水道凍結時に一刻も早く解決したい一心で凍結してしまった水道管や蛇口に熱々の熱湯をかけるという行為を誰もがやりがちな行為ですが、凍結した水道管や蛇口に急激な温度変化を与えることは破裂・損傷させてしまう危険性があります。 もしもお湯をかけるなら50度程度にするのがよいでしょう。

その2.蛇口を閉めたまま凍結部分を温める
凍結した蛇口や水道管を温める時は、必ず蛇口の栓を開けてから行うのが大事です。 その理由は蛇口の栓を閉めたまま水道管を温めると水道管や蛇口の破裂・損傷につながる危険性があるためです。
それを頭の中ではわかっていても、気持ちに余裕がない忙しい朝や何かの都合で急いでいる時などは、 冷静さを失い熱湯をかけてしまったりしまいがちです。

この行為が原因で水道管や蛇口が破裂・損傷してしまえば、無駄な修理費用と時間を浪費することになり 、これこそ踏んだり蹴ったりです。凍結した水道管を温める時は「焦らず冷静に」と自分に言い聞かせることが、結果的に問題解決の近道になると考えておきましょう。

お湯をかける場合はタオルを巻いてから!ドライヤーも効果◎!

次に水道凍結時の対処法で効果的ないくつかの方法について説明します。

水道管を温める効果的な方法

その1.タオルを巻く
お湯をかける前に予めタオルを巻いておくことで、先ほどもお話ししたような急激な温度変化による水道管の破裂・損傷リスクを軽減します。

その2. ぬるま湯をかける
何度もお話ししていますが、凍結した水道管や蛇口に急激な温度変化を与えることは絶対にNGです。50度程度のぬるま湯を用意して、タオルの上から焦ることなくゆっくりとぬるま湯をかけ氷を少しずつ溶かしていきましょう。

その3.ドライヤーで温風をあてる
ぬるま湯を用意するにも水道管が凍結しているためなどなんらかの理由でぬるま湯が用意できない、 そんな時はドライヤーを使用するのも効果的です。水道管や蛇口の凍結部分にドライヤーの温風を当て、氷をじわじわ溶かしていきます。

その4.カイロも効果的
水道凍結でどうしてもぬるま湯を用意することができない場合のドライヤー以外の対処法としてカイロを 使用するのも効果的です。水道管や蛇口の凍結した部分に
カイロを当ててじわじわ氷を溶かしていきます。

水道が使用不可能になったら日常生活においてとても不便です。これまで紹介した『ぬるま湯』や『ドライヤー』『カイロ』を使用した方法は、ちょっとでも早く氷を溶かす方法として効果的ですが、水道管や蛇口に急激な温度変化リスクを与えていることに変わりはないので水道管や蛇口に必要以上な負担をかけないために細心の注意を払うことが重要です。

細心の注意を払った!それでも破裂させてしまったら!?

凍結させてしまった水道管や蛇口に急激な温度変化を与えるのはNGだとしつこいぐらいにお話ししてきましたが、それでも凍結時の対処法を間違ってしまい水道管を破裂・損傷させてしまった場合、大量の水道水が床下などから溢れてしまうなどご自宅が大惨事に襲われる可能性があります。
そこで、万が一水道管を破裂させてしまった場合に必要な対処法の手順を説明しておきます。
1・ 水道メーターのボックスのフタを開ける。
2・ボックスの中にある元栓を‘全閉’方向にひねり、 速やかに水を止める。
3・お近くの『指定給水装置工事業者』や『水漏れ修理業者』に修理依頼する。

もしも「水道メーターボックスが雪に埋もれてたどり着けない」や「ご自宅の水道メーターボックスの場所が分からない」という場合には、応急処置として破裂・損傷部分にビニールや布などをテープでしっかり巻きつけるなどの対処をし、そして迅速に「指定給水装置工事事業者」や「水漏れ修理業者」に連絡をして修理を依頼することをお勧めします。

最後に

今回は水道凍結時の対処方法や注意点について紹介しました。

水道凍結時に水道管や蛇口に負担を与えず最も安全な直し方は「自然解凍」です。 しかし、忙しい時やどうしても急ぐ時はそんなことは言ってられません。

水道凍結を直すのは、いくつかの点を注意していればそんなに難しくはないと思いますので、もしもの時の対処法として覚えておくと良いでしょう。

一方で直し方を間違えると水道管や蛇口の破損・破裂焦るリスクがありますので、万が一、水道凍結を直している途中もしくは直してから何かしらの異常を感じた時は速やかに水道工事業者に相談してください。 また、最も安全なはずの「自然解凍」を行なった場合でも、使用年数により水道管が劣化している場合などは凍結した時の膨張に耐えられず裂傷する可能性もあり得ます。

水道凍結を含む水道トラブルはできるだけ早く気づくことで費用を抑えることができます。 どんな時でも近隣の信頼できる水道業者に連絡が取れるようにしておき、毎年必ず訪れる冬に備えていただけたら良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました