全女性の敵!浮腫み解消にはこの食材が効果的☆

健康

毎日のハードワークで気が付いたら足がパンパンになり、朝には簡単に履けたブーツが夕方になるとキツい。
お酒を多く飲んだ翌朝は鏡にうつった顔がまん丸に浮腫んでお出かけするのも憂鬱になったり、手が浮腫んで指輪が抜けくなるなど…、このような経験をしている女性は多いのではないでしょうか。

浮腫みのメカニズムをわかりやすくに説明すると、血の巡りが悪くなることで血液中の水分と塩分が体に染み出し溜まってしまうことが原因です。
足が夕方になると浮腫むのは、血液が流れが悪くなり重力に勝てず足に溜まりがちになってしまうからなんです。それとは逆に血の巡りを良くすればむくみを解消することもできるんですね。

皆さんが浮腫みを解消して、1日中スッキリした生活を送れるような食材や飲み物を紹介します。

利尿作用の高い食べ物が最も有効

体内を占める水分量は、成人の方で体重のおよそ60%といわれていますが、余分な水分が体内の組織など血管の外に増えると、それが原因となり顔や足などに浮腫みが生じます。
心臓や肝臓の病気が直結してくることも多く、女性の方は妊娠中のホルモン異常によっておこる場合もあります。浮腫みが出た場合、水分と塩分を控え、利尿作用のある食べ物を摂取することが効果的です。

スイカ

塩分を体外へ排出する効果もあるカリウムが豊富に含まれているスイカは、高い利尿作用があり、腎臓・心臓疾患などによる浮腫みに効果的です。
ただし、食べすぎると体を冷やすので冷え性の方は充分気を付けましょう。

トウモロコシ

トウモロコシもカリウムが豊富で、ヒゲや葉にも利尿効果があり、ヒゲの部分などを煎じて飲む民間療法も有名です。
傷みやすいという難点もあるので、保存の際はゆでてから冷蔵・冷凍するのがおすすめです。

小豆

小豆には豊富なカリウムとともに、水分代謝を高めるサポニンという成分が含まれていて、
腎臓疾患による浮腫みを解消します。
煮た時に生じるアクにはサポニンが多いので、アクは取らずに食べたほうが薬効が期待できます。

冬瓜

夏が旬の冬瓜は日持がよく、夏にとれたものが、冬まで長持ちすることからその名がついたといわれます。スイカと同様にカリウムが豊富なので、利尿作用にとても優れている野菜です。

上でご紹介した素材をふんだんに活かした簡単で美味しいオリジナルレシピ

【スイカ&グレープフルーツジュース】
《材料》

スイカ…150g
グレープフルーツ…1個
蜂蜜…適量

作り方
1.スイカとグレープフルーツは皮と骨を取り除き、一口大に切ります。
2.1と蜂蜜を入れてミキサーにかけて、なめらかになったら完成です。

【トウモロコシと冬瓜のスープ】
《材料》
トウモロコシ…1本

冬瓜…100g
砂肝…100g
水…適量
塩…適量

作り方
1.トウモロコシは葉をとりのぞき、茎ごと3㎝幅に切ります。
2.冬瓜は皮をむいて乱切り、砂肝は固い部分を除いてひと口大に切ります。
3.鍋にすべての材料とひたひたの水を入れ、トウモロコシが柔らかくなるまで煮ます。
 塩で味を調えて完成です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました