花粉症の症状を和らげる対策は洗濯物から!5つの対策をご紹介します。

健康

今や日本人の2人に1人が花粉症だと言われています。

春が近づいてきて今年もまた花粉が舞う季節なりましたね。
早いところでは1月下旬頃からもう花粉が舞い始めているらしいです。

そこで今回は、花粉が舞うこの季節に洗濯物はどうしたらいいのか?辛い症状を少しでも和らげるための洗濯物の花粉対策できる5つのポイントを紹介します。

花粉症の症状を和らげる洗濯物の5つ対策

花粉症の症状を少しでも楽にするための洗濯する時のポイントを紹介していきます。

その1. 洗濯する時は必ず柔軟剤を入れる

主婦の方はご存知かもしれませんが柔軟剤を入れると静電気が起こりにくくなるので、衣服などに花粉が付着しにくくなります。

当たり前ですが肌触りも良くなりますよ。

その2.洗濯物を夜に干し午前中に取り込む

これは外に干す場合ですが、 花粉が多くなる時間になる前に乾いた洗濯物をさっさと取り込んでしまえば、洗濯物に付着した花粉の量は減らすことはできます。 

お住まいの地域やその日の天候にもよりますが、舞う花粉の量が多くなる時間帯はお昼から15時頃までなので、 午前10時~11時頃までには洗濯物を取り込んでしまえば外干しでも付着する花粉の量を減らせます。

地域や天候によっても変わりますが、花粉が多く飛んでいる時間帯は、お昼頃から3時頃までです。

その3.乾いた洗濯物を取り込む時は、花粉を払い落とす

これも洗濯物を外で干した場合ですが、そのまま取り込まずに花粉をはらってから取り込むようにしましょう。
面倒かもしれませんが、これをやるとタオルなら約40%、 T シャツなら約60%の花粉が除去できるらしいです。

ちなみに強くはらうと繊維の中に花粉が入り込んでしまうので、生きるだけやさしく丁寧に花粉をはらうように心がけましょう。

その4. 洗濯物保護カバーを使用

花粉はもちろん、ホコリや雨などからも洗濯物を保護するカバーが販売されています。

この洗濯物保護カバーを使用すれば、洗濯物に付着する花粉の量を減らすことができ、予想外の急な雨からも洗濯物を守ってくれます。

こちらは大きめサイズになります。

 

 

その5. 部屋干しや乾燥機を利用する

花粉が舞う季節は外干しをあきらめ部屋干しにしましょう。
また洗濯機の乾燥機や、お風呂場乾燥を利用して洗濯物を乾かせば花粉はつきません。

家族が多いなどの理由で、洗濯物全てを部屋干しにするのはスペース的に無理な場合はタオルやシーツなど、花粉がついたら困ってしまうものだけを部屋干しにするなど、工夫するとよいでしょう。

また部屋干しをする時は、洗濯物にサーキュレーターや扇風機などを利用して風を当ててあげると生乾きの嫌な臭いを防止することができます。

まとめ

今回は花粉症の舞うこの季節に洗濯物に付着した花粉対策を5つ紹介させていただきました。
毎年花粉症で辛い思いをしている方には是非参考にしていただけたらと思います。

では最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました