小学校の入学準備費用ってこんなにかかるの!?新1年生の入学準備にかかる費用などまとめ

イベント

4月に小学校に入学するお子様達が春を待ちこがれている頃、親たちは小学校の入学準備に忙しい時期を迎えます。 小学校の入学には意外に多くの準備や費用が実際のところ必要になります。

そこで今回は入学準備に必要なもの意外にかかる費用を紹介しますので、初めての入学準備に不安を抱えてる方は是非参考にしてください。

入学式までに揃えなければいけないものは?

小学校の入学式までに準備しておくべきものに、かかる費用は一般的に15万円ほどだと言われています。

入学式のまでに準備するものの一例と金額(目安)

・ランドセル【 3~10万円】
・サブバッグや手提げ袋類【1000~3000円】
・上履き+上履き入れ【1000~2000円】
・文房具一式 【5000~1万5000円】
・体操服一式【 5000~1万円】
・体育館シューズ 【1000~2000円】
・雨具【1000円前後】
・水筒【1000~2000円】
・名札【300円前後】
・防犯グッズ【2000円前後】
・衛生用品(ハンカチ、ティッシュ、ナプキン、マスクなど) 【1000~3000円】
・名前付けグッズ【1000~2000円】

と結構多いです。

ランドセルはお子様が人気のカラーなどを希望してる場合は早期に売り切れてしまう可能性もあるので注意が必要ですが、ランドセル以外は、学校指定の場合もあるので入学説明会後に購入することをお勧めします。

またお子様の出身幼稚園や自治体、その地区の子供会、交通安全協会などからいただける場合もあるので事前にリサーチしておくと良いでしょう。

さらに、お子様の入学する学校に指定の制服がある場合なら約1万5000円~5万円の費用をかけ制服一式を揃える必要があり、たとえ私服の学校でも登下校用の服はそれなりに数着が必要になります。

学習机(3~7万円)が必要なご家庭もあると思いますし、これは地域によりけりですが防災頭巾(3000円前後)が必須の学校もあります。

忘れてはいけない入学式当日にかかる費用

お子様が入学する小学校に指定の制服がなければ、お子様の入学式用の衣装が必要になりますし親御さん達もフォーマルな衣装が必要になります。ここに費用をかけたくない場合は仲の良いママ友に借りたり、フリマアプリやレンタルを利用したりといった手段もあるので上手に活用するとよいでしょう。

また一生の記念として写真館などで新入学の記念撮影をする場合は当たり前ですがその費用も必要になります。

さらに新1年生は、そのまま教材の出費が何かと続くものです。例えばピアニカやリコーダー、絵の具セット、スクール水着、体操一式などなど。

ほとんど毎月のように何かしらを購入する必要があるので、心の準備と費用が必要です。

入学後も必要な費用は?

授業料が無償の公立の小学校の場合は、入学後は費用がそんなにかからないと思いがちな方も少なからずいると思いますが、 文科省の『平成30年度子供の学習調査』によると、平成30年4月1日から平成31年3月31日までにおける小学1年生の『学習費の総額』の平均は

公立小学校 ⇒ 350860円
私立小学校 ⇒ 1892002円

となっています。

『学習費の総額』は以下の3区分です。

給食費

公立小学校 ⇒ 43105円
私立小学校 ⇒47970円

教育費(校納金や図書費・学用品、通学用品費など)

公立小学校 ⇒ 109753円
私立小学校 ⇒1271034円

学校外活動費(習い事や塾・通信教育など)

公立小学校 ⇒198002円
私立小学校 ⇒572998円

私立は授業料や効能金の費用がかさんでしまうため高額なのは当たり前ですが、公立でも意外と費用が必要だということがわかりますね。

もし様々なご都合でどうしても費用が準備できないという家庭でも心配は要りません。
各自治体の『就学援助制度』により、お子様の入学準備金や給食費、学用品費などの補助が受けられる制度があります。 お住まいの地域の自治体の教育委員会などに申請が必要ですので是非問い合わせてみてくださいね 。

コメント

タイトルとURLをコピーしました