【防災グッズ】実際に『必要なもの』と『いらなかったもの』をまとめてみました!

生活

日本は地震による自然災害が多い国といわれており、つい最近も東北地方で大きな地震がありました。

地震大国日本に住んでいると「防災グッズを用意しておきましょう」などという言葉をテレビなどでよく耳にします。

しかし実際には、災害時には約9割の人が防災グッズの用意が不十分だったことが調査の結果判明しています。
大きな災害を経験して初めて「備えよう」という強い意識が 芽生えるという調査結果も出ています。

そこで今回は、数ある防災グッズの中でも実際に「役に立ったもの」と「いらなかったもの」を紹介しますので、もしもの時の備えの参考にしてください。

実際に役に立った【防災グッズ】18選

災害時に役に立ったものや、あればよかったなと言うものを、実際に被害に遭われた人たちの貴重な意見を参考にいくつか紹介します。
揃えておいた方が良かったものは季節によっても変わってくるので、 一年中通して災害時に役に立つものを紹介していきます。

1.5リットルのペットボトルを2本常備しておくとよいでしょう。 どこの家庭にもペットボトルはあるはずなので 簡単に用意出来ると思います。

ポリタンク

ペットボトルより多くの水を運べるのがポリタンクの利点です。手で持ち運ばなければいけませんが、入れ物は頑丈なので中身が漏れる心配はほとんどありません。

持ち運び浄水器

持ち運び浄水器は飲料水がなくなった時に雨水や海水をろ過して飲料水に変えてくれるのでとても便利です。

食料

アルファ米

アルファ米とは水を注ぐだけで食べられるお米です。 様々な味があるので、日常生活で試食を繰り返してどの味がお好みか事前に把握しておくことをお勧めします。

ミリメシセット

陸上自衛隊の戦闘糧食として利用されているミリメシセットは、水でなくても温かいご飯が食べられるという優れもので評判が高いです。

パンの缶詰

パンの缶詰と聞くと硬いというイメージがありますが、蓋を開けたらすぐに食べることができ意外とふわふわの食感です。 缶詰なので中身が潰れることもなく、最近では有名なパン屋さんと連携して作られているものも多く人気も高くなってきています。

常備用レトルトカレー

常備用レトルトカレーは味も見た目も市販されているレトルトカレーとほとんど変わらず、甘口または中辛があり温めずにおいしく食べられます。 さらに喉が乾かない工夫もされていて飲料水がない時でも安心して食べられます。

おやつ

おやつは飴やビスケットなどが最適です。災害時は 気分も落ち込みがちで、食欲もなくなり、何も食べる気がしなくても少しでも何かを口にしないといけません。こんな時に軽く口にできるおやつが役に立ちます。 なお、子供をあやすときも役に立つので備えておいて損はないでしょう。

衛生用品

ウェットティッシュ

ウェットティッシュは除菌効果があるものがベストです。 小さな赤ちゃんがいる場合はお尻ふきシートにもなりますし、災害時は数日間も入浴できないこともあるので最低限の体の汚れを落とすこともできるので万能です。体の汚れを放置しておくと、健康にも害が及ぶ可能性もあるためウェットティッシュは用意しておくべきです。

非常用トイレキット

非常用トイレキットにはビニール袋と抗菌性凝固消臭剤が入っていて、用を足した後にふりかけると あたまる仕組みになっており、水を用意できなくても使用後はそのままゴミとして捨てることができるので災害用の常備品には必須です。

消臭ロール

消臭ロールとは消臭効果のあるトイレットペーパーのことです。トイレキットの袋に 捨てることができゴミとして処分できます。

簡易的な救急箱

簡易的な救急箱には絆創膏や包帯、ガーゼ、消毒液、綿棒、はさみ、ピンセットは最低限揃えておきましょう。 持病がある人は薬を多めに常備しておくとさらに良いでしょう。

おむつ・ナプキン

女性や小さな赤ちゃんがいるご家庭では常備する必要があります。 支援物資が到着するまで数日かかることをあらかじめ予測してできるだけ多めに準備しておくことが大事です。

おもちゃ

まだ物心が付いてないお子様は大きな災害の時でも危機感はないのですが 、環境が変わってしまった事に不安な思いをしているはずです。
そのため泣き止まないことも多くなり、泣き止ますためにおもちゃを用意しておかなかったことを後悔していたご家庭もありました。

寝袋

自宅避難ですむ場合は必要ありませんが、学校や地域の公民館などへの避難の場合は寝袋が必要です。エアーマットでしたらぺったんこに収納できるのでリュックに入ります。

LED懐中電灯

懐中電灯には電池式と充電式がありますが LED電池の寿命は60時間と豆球ライトの8倍の寿命があります。
広範囲を照らすことができるので災害時の必須アイテムです。

ガスコンロ

ご家庭がオール電化だったりすると、ガスと疎遠の生活を送っていることが多く、ガスの備えができてない場合が多いです。
ガスコンロガスボンベは最低3本は備えておくと便利です。

用意したけど、必要なかった【防災グッズ】5選

あれもこれもと防災グッズを用意してしまうと避難時の荷物が多くなってしまいます。
防災グッズには優先順位があるので、ここからは用意したけど実際には必要なかったものをご紹介します。

マッチやろうそく

停電時の暗闇を照らすために必要だと思われていますが、実際には広い範囲をともするわけではありません。また、 火のついたろうそくが点灯したりして火災に発展する恐れもありますので、ろうそくではなく懐中電灯が良いでしょう。

カップ麺 

災害時はガスや電気が使えないことが多いので、せっかく用意したカップ麺も食べることが困難になると予想されます。
自宅避難ガスコンロがある場合は大丈夫ですが避難所や車中泊になるとお湯は期待しない方がいいでしょう。

貴重品

実際に災害に遭われた方に聞くと、現金やキャッシュカード、印鑑などは実際にはいらないと答えるかたが多いです。
過去の災害の教訓から多くの銀行では、通帳などがなくても現金を引き出せるようになりました。

毛布

毛布は防寒対策にはなりますが、両手が下がってしまうのでサバイバルシートが推奨されています。
また、災害による火の粉が毛布に点火してしまうなど、身に危険が及ぶ可能性もあるので毛布はあまりおすすめできません。

発電機

各ご家庭に一台あると便利だと思われがちですが、何十万円もするものになるのでなかなか防災グッズとして購入しようとは 思わないご家庭がほとんどですよね。

ほとんどの場合ガスより電気の方が復旧が早いため、もしご用意したいのならコンパクトな電池式の充電器がおすすめです。

まとめ

防災グッズは、ネット通販や最寄りのホームセンター、100均などで集めることが可能です。食料の備蓄は賞味期限が3年以上のものを準備することを心がけ賞味期限が近づいてきたら交換してください。

悪夢のあの大震災から10年経ちました。
自然災害はいつ起こるのか予測できないのが恐ろしいところです。

防災グッズをまだ用意できていないは、今からでも遅くはないので揃えておきましょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました