【選抜高校野球2021】.気になる.優勝予想は?出場校の中から注目のイケメン選手をご紹介!

イベント

昨年は新型コロナの影響で中止になり多くの球児たちが涙を飲んだ『春の選抜高校野球』が今年は3月19日に開幕します。

そこで今回は2021年春の選抜高校野球の優勝予想と注目のイケメン選手一覧をご紹介いたします。

2021年春の選抜高校野球の優勝候補

優勝候補を挙げる前に、まずは出場校をご覧ください。

第93回春の選抜高校野球の出場校一覧

全出場校の一覧は以下の通りになります。

※ 高校名をクリックすると、「日刊スポーツ」 のページにて公式戦の成績や部員数などをご覧になれます。

第93回選抜高校野球大会
地区 学校名 都道府県 出場回数
北海道
(1枠)
北海 北海道 10年ぶり13度目
東北
(2枠)
仙台育英 宮城 2年連続14度目
柴田 宮城 初出場
関東・東京
(6枠)
高崎健康福祉大高崎 群馬 2年連続5度目
常総学院 茨城 5年ぶり10度目
東海大甲府 山梨 5年ぶり6度目
専大松戸 千葉 初出場
東海大相模 神奈川 2年連続12度目
東海大菅生 東京 6年ぶり4度目
東海
(2枠)
中京大中京 愛知 2年連続32度目
県岐阜商 岐阜 2年連続30度目
北信越
(2枠)
敦賀気比 福井 5年ぶり8度目
上田西 長野 初出場
近畿
(6枠)
智弁学園 奈良 2年連続14度目
大阪桐蔭 大阪 2年連続12度目
市和歌山 和歌山 2年ぶり7度目
京都国際 京都 初出場
神戸国際大付 兵庫 4年ぶり5度目
天理 奈良 2年連続25度目
中国・四国
(5枠)
広島新庄 広島 2年連続3度目
下関国際 山口 3年ぶり2度目
明徳義塾 高知 2年連続20度目
聖カタリナ学園 愛媛 初出場
鳥取城北 鳥取 2年連続3度目
九州
(4枠)
大崎 長崎 初出場
福岡大大濠 福岡 4年ぶり5度目
明豊 大分 3年連続5度目
宮崎商 宮崎 52年ぶり3度目
21世紀枠
(4枠)
八戸西 青森 初出場
東播磨 兵庫 初出場
具志川商 沖縄 初出場
三島南 静岡 初出場

出典:日刊スポーツ

第93回春の選抜高校野球の優勝候補と注目選手は?

仙台育英高校

春夏合わせて3度の準優勝を誇る名門仙台育英高校は、昨年の秋の県大会では初戦から4試合連続コールド勝ちで勝ち進み、決勝では18点の大量得点で優勝。特に決勝ゲームで満塁ホームランを放った秋山俊(2年)や前チームからの主力である吉野蓮(2年)などの強力打者が 揃っています。

《吉野連選手》

守備面でも、東北大会4試合でたった3失点に抑えた最速140キロを超える投手を6人擁し、特にプロ注目の右腕エース伊藤樹(2年)は、花巻東と対戦した準決勝でも6回無失点に抑えています。

伊藤樹投手は中学3年生の時に最速147キロをマークし、高校1年生の8月には甲子園のマウンドを経験しています。

初戦の対戦相手は四国の強豪校である明徳義塾です。

中京大中京

中京大中京の注目の選手は、 元U15日本代表でエースで最速151キロという今大会屈指の右腕と呼び声の高い畔柳亨丞(くろやなぎきょうすけ)投手。

昨年秋の東海大会準決勝では7回1アウトまでノーヒット無得点に抑える完璧なピッチングで、被安打1、11奪三振で7イニングを完封しています。

その時の投球がコチラ

また、打線も強力です。

4番の原尚輝選手は、昨年秋の愛知県大会準決勝(対至学館戦)ではランニングホームランを放つなど、3安打2打点の活躍を見せチームを勝利に導きました。

また、辻一汰選手(豊川中央ボーイズ出身)は、昨年秋の東海大会でもホームランを放ち、準決勝までの打率は714、打点5をマークし、まさに絶好調で決勝戦ではサヨナラ打を放ちました。

さらに加藤優翔選手も、決勝戦でソロホームランを放つなど、強力な攻撃力を誇ります。

智辯学園(奈良県)

智辯学園の注目選手は、西村王雅と元U-15日本代表の小畠一心の両投手です。

昨年秋の近畿大会ではエースの西村王雅投手が、3試合で完投(準決勝を除く) 、そして畠一心投手が決勝では完投しています。

攻撃面ではドラフト候補筆頭の3番前川右京選手、昨年秋の近畿大会では2本塁打を放つなど全試合で打点を記録した4番山下選手の2選手を主軸とする強力打線を誇ります。

投打でバランスの取れたチームといっていいでしょう。

春の選抜高校野球2021の注目すべきイケメン選手は?

最後に話題のイケメン選手たちを紹介いたします。

小園健太《市立和歌山》

笑顔が可愛らしいですね。

森木大智《高知高校》

森木大智投手は、硬式よりもスピードが出にくいはずの軟式で中学3年生当時に軟式史上最速の150kmを記録し注目を集め『スーパー中学生』と呼ばれた逸材です。
そして現在は184cmの長身から投げ下ろす最速151kmの速球に、 「モノが違う。」と阪神タイガースのスカウト陣からも大絶賛されています。

関戸康介《大阪桐蔭》

関戸康介投手は長崎県佐世保市生まれの、 身長178cm体重81kg、最速154kmの右腕で目元がキリッとしたイケメン選手です。
小学1年生から少年野球を始め、小学6年生でホークスJrに入り、明徳義塾中学の3年の夏には全国準優勝を果たしています。
大阪桐蔭では控え投手として1年の秋からベンチ入りをしていてプロも熱視線を送る右腕です。

松浦慶斗《大阪桐蔭》

色紙を持って中央に立っているのが松浦慶斗投手

北海道旭川市出身、身長184cm、体重88kgの松浦投手。
長身、小顔、そしてイケメンです。

2003年7月1日に宮城県石巻市で生まれ、小学2年生で旭川市へ引越し、中学時代は

2003年7月1日、宮城県石巻市で生まれ、小2で北海道旭川へ引っ越し、小学6年生で日本ハムファイターズjrに入り、中学1年生でカル・リプケン12歳以下世界大会に中学1年生で日本代表として出場し、決勝のアメリカ戦などに登板して日本の優勝に大きく貢献しました。
父親は北海高校で2度の甲子園出場を果たし、社会人・山陽国策パルプ旭川(現・日本製紙) で活躍し、石巻野球部監督まで務めています。
松浦投手の叔母にあたる二谷友里恵さんの古谷理江さんの次男は福岡ソフトバンクホークスの古谷優人投手という筋金入りの野球一族です。
松浦投手が小さい時から親戚で集まった時などは一緒にキャッチボールをして鍛えられていたようです。

達 孝太(たつ こうた)《天理高校》

達孝太投手は身長193cm、体重83kgの大型右腕です。

よく、寝る子は育つと言いますが、やはり達孝太投手もよく寝るそうです。
3月27日生まれの早生まれですが幼い頃から体が大きかったため、早生まれのコンプレックスを感じたことはないそうです。
また、野球への意識が非常に高く、中学時代には爪を保護するためにネイルサロンに通うなどしていた達孝太投手。
長身のイケメン選手です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました