【就職祝い】友達・先輩・後輩への相場の金額は?おすすめのプレゼントもご紹介!

生活

普段からお世話になっている友達や先輩、後輩が就職する時などは、ささやかなお祝いをしてあげたくなりますよね。しかし友達や先輩、後輩へ贈る就職祝いの金額はいくらくらいが相場なのかという疑問を抱いている方も いることでしょう。

そこで今回は友達や先輩、後輩へ贈る就職祝いの金額相場について解説していきます。
それと就職祝いで重宝されるおすすめのプレゼントもご紹介します。

興味のある方は最後まで読み進めていってください。

友達や先輩、後輩への就職祝いの金額相場は?

就職祝いは親族間で行うのが一般的なものです。しかし親族以外の相手に就職祝いを送ってはいけないということではありませんから、普段からお世話になっている友達や先輩、後輩などに就職祝いを送るのはもちろん素敵なことだと思います。

では就職祝いの金額相場はどれくらいなのでしょうか?
ネットや冠婚葬祭の書籍で実際に調べてみますと、友達や先輩、後輩への就職祝いは大体3000~10000円が相場金額のようです。

あまり高額すぎると相手が負担に感じてしまうかもしれないので、友達や先輩、後輩への就職祝いの相場金額はだいたいこのくらいに落ち着いてるのだと思います。
あとは就職祝いを送る相手との親密具合などを考慮すると良いと思います。

友達や先輩、後輩への就職祝いのプレゼント。おすすめは?

就職祝いの贈り物は現金ではなく何かプレゼントをしたいという方のために、ここでは友達や先輩、後輩への就職祝いにおすすめのプレゼントを紹介させて頂きます。

・ネクタイ《男性》
・アクセサリー《女性》
・お財布
・腕時計
・定期入れ
・名刺入れ
・キーケース
・高級ボールペン・万年筆
・ペンケース
・ハンカチ・ハンドタオル
・タンブラー・ランチボックス
・デジタルオーディオプレイヤー(iPodなど)
・電動シェーバー《男性》
・目覚まし時計
・折りたたみ傘
・美容家電(ドライヤー・加湿器・美顔器など)《女性》
・マッサージグッズ

友達や先輩、後輩へ贈る就職祝いプレゼントは、社会人生活で役に立つ実用的なものを贈ると喜ばれるでしょう。

また、就職祝いのプレゼントの定番の「ネクタイ」は、制服や作業着が用意されている職場の場合もありますのであまり喜ばれないかもしれません。
なので、贈る相手の就職先の仕事内容なども把握しておくことも重要です。

なお、 仕事ではシンプルなデザインのものが活用されやすいので、どんなプレゼントを贈るにしてもシンプルデザインのものがよいでしょう。

就職祝いの知っておくべきマナー

ここからは就職祝いに関するマナーを解説していきます。
まあ、友達や先輩、後輩などに就職祝いを贈る場合にはそれほど気にする必要はないかもしれませんけどね。

『新札』を必ず包む

ご祝儀に現金を包む場合には『新札』を用意するのが一般的なマナーです。 その理由は、「就職祝いを贈る相手のために事前に用意しておきました。」という心遣いが込められているそうです。

『4』・『9』の複数時の金額は避ける

『4』=『死』、『9』=『苦』というふうに、 縁起が悪いことを連想させるので、『4』『9』のつく数字の金額は絶対に避けるようにしましょう。

熨斗(のし) は紅白の水引で蝶結びを選ぶ

現金や商品券などを就職祝いで包む熨斗(のし)には、紅白の水引で蝶結びのものを使用します。 この熨斗(のし)はお祝いごと全般に用いられてるものです。

熨斗(のし)の表書きには『就職御祝』などを使う

熨斗(のし)の表書きには『就職御祝』『祝御就職』『御就職御祝』などが使われます。
なお、就職祝いを贈る側のお名前は表書きの下部に書きます。

お札は表向きに入れる

『ご祝儀は表向き』『不祝儀は裏向き』にお札を入れるのが一般的なマナーです。 これは「死の世界はこの世とは逆さになっている」という仏教の教えに由来しています。ご祝儀袋の内袋の上側に偉人の顔が来るようにお札を包むようにしましょう。

まとめ

ここまで友達や先輩、後輩などへの就職祝いの相場金額やおすすめのプレゼントについて紹介させていただきました。
友達や先輩、後輩に心のこもった就職祝いを送ってあげたい人は是非参考にしてくださいね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました