目の疲労が気になる皆さんに教えたい食材とは?

健康

皆さんは1日にスマホやPC、またはテレビの画面を何時間くらい見つめていますか?
仕事上でPCを使う方なら、軽く1日5~6時間以上という方も珍しくはないと思います。
そうじゃなくても、スマホやPCが普及した事により「目」を酷使する場面が増加し、それゆえに目の疲れ(眼精疲労)を訴える人も増えてることも事実です。
それらのデジタル機器以外でも日差しの強い季節は外にいるだけで意外と目に負担をかけてしまいます。

自覚症状が無くても蓄積された目の疲れが肩こりや偏頭痛、目のクマの原因になってしまうので、そんなことにならないように気を付けたいところだと思います。

今回は皆さんが目の疲れに有効的な食材を紹介します。

目の栄養となり機能を整えるものを

スマートフォンやパソコンの画面の見過ぎにより、目が疲れやすい昨今。
目のかすみ、充血、痛みなどの症状のほか、悪化する事により肩凝りや頭痛などを併発
することもあります。
目の疲れを和らげるため、目の栄養となるビタミンAを積極的に摂ることが重要です。
また、アントシアニンなど目の機能を整える成分を摂るのも有効的です。

ニンジン

体内でビタミンAに変わるβ-カロチンがニンジンには大量に含まれていて、
ビタミンAは目の疲れにとても有効的で、冷えや夜盲症の改善に役立ちます。
皮の部分も栄養が豊富で、油と一緒に摂るとさらにβ-カロチンの吸収力が高まります。

ウナギ

ウナギにはビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAには目の乾燥を改善する働きもあります。
それに加え、目の機能を整えるビタミンB1・B2も豊富なので、疲れ目改善に最適です。

ブルーベリー

ブルーベリーに含まれているアントシアニンという色素が、体内で視覚に関係する物質の再合成に
働くため、目の機能を高めるのに役立ちます。
冷凍や熱にも安定しているという特徴があるので、加熱調理や冷凍保存しても成分が壊れません。

上でご紹介した素材をふんだんに活かした簡単で美味しいオリジナルレシピ

【ニンジンスープ】
《材料》
ニンジン…1本
水…500ml
塩こしょう…適量
油…大さじ1

作り方
1.ニンジンは皮をむき、千切りにします。
2.鍋に油と1を入れて炒め、水を加えた後にニニジンが柔らかくなるまで煮ます。
3.塩こしょうで味を調えて完成です。
※煮ることで吸収も良くなります。栄養が溶け出しているので、全部飲みましょう。

【ウナギ丼】
《材料》
ウナギの蒲焼き(市販のもの)…1枚
ご飯…1杯
カイワレ大根…15g
たれ…適量

作り方
1.ウナギの蒲焼きを温め
2.根を取ったカイワレ大根を1にのせ、たれかけます。

【ブルーベリーヨーグルト】
《材料》
ブルーベリー…50g
ヨーグルト…100g
牛乳…50ml
ハチミツ…適量

作り方
1.大量すべて入れてミキサーにかけ、なめらかになったら完成です。

※ブルーベリーは冷凍のものでいいです。

目の疲れに効くもの

ブドウや赤ワイン・黒豆は、ブルーベリーと同様、アントシアニンを多く含んでいます。
また、シソやチーズ、レバーはビタミンAなどが豊富です。
日常的に取り入れて、目の疲れをためないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました